子供が将来なりたい職業は?

保育士 転職昔は子供に将来なりたいものは何かと聞くと、男の子は、バスの運転手、プロ野球選手、警察官という職業が並んでいたようですが、女の子の将来なりたいものは、お花屋さん、ケーキ屋さんなどの他に保育園の先生という子供が多くいました。現在でもやはり保育園の先生という答えが返ってきます。現在でも、保育園の先生である保育士という職業は子供たちの中では憧れのもののようです。保育園の先生は子供たちの中で、両親が働いている間、一緒に過ごすやさしくて、頼りになる憧れの存在となっているようです。そのため、女の子にとって日中一緒に歌を歌ったり、楽しくお遊戯したりと過ごして、いろいろと接している可愛い保育園の先生に将来なりたいと思っているようです。しかし、現在では保育士になる理由が子供が好きだから、昔からの夢だったからということではやっていけないような環境にはなってきています。ニュースなどでたびたび取りざたされていますが、保育所や、幼稚園などでの虐待問題、または、親同士のいざこざ、過保護すぎる親とのいざこざなど、トラブルなども多く発生しています。中には、裁判沙汰にまで発展するケースもあるようです。しかし、これらはごく一部のものであり、多くの保育士が活き活きと働いている姿も多く見られます。子供が好きだから、憧れの保育士になりたい!と思い、現在も多くの人たちが保育士を目指し、頑張っています。以前までは、保育園の先生と言うと、女の先生、女性の職業といったイメージもありましたが、現在では、数多くの男性の先生も保育園で活躍していますし、年々男性の保育士の資格を取得するための試験を受験する人も増えてきており、少しずつ男性の中にも保育士という職業が浸透しつつあるようです。なぜなら、保育士は子供を相手にするといっても、子供の相手はやはりとても体力がいることとなってきます。そうなった時には、やはり男性も保育士に向いているのではないでしょうか。やさしさや、柔らかさのように母親のような存在も保育士には必要ですが、男性のような力強さや、頼もしさなど父親のような存在も必要となっているのかもしれません。

ページの先頭へ